防火管理責任者の手続きってどうするの?

クリニックの開業準備の諸手続の中で
あらかじめスケジュールに入れる必要があるのが、
甲種防火管理者の資格取得です。
消防法により、建物の用途・居住・勤務する人、
収容人数により、防火管理者を選任しなければなりません。
診療所は消防法上、特定用途建物となります。
テナントとして入居するビルの収容人数が30人以上であれば
防火管理者が必要となります。
開業前に、所轄の消防署に「防火管理者選任届」と「消防計画書」など
所定書式の届け出が義務付けられています。
防火管理者の資格取得は、医師でなくても事務長やスタッフでも構いません。
でも、スタッフは退職する可能性もあるので、
通常は医師が防火管理者の資格を取っておくことが望ましいです。
テナントビルなどで開業する場合は、ビル管理会社が一括して
防火消防の管理をしている場合もあるので、
あらかじめ不動産契約時に確認しておくとよいです。
防火管理者には、ビル全体の延べ床面積によって、甲種と乙種があります。
・延べ床面積が300㎡以上の防火建物の場合には甲種
・延べ床面積が300㎡以下の防火建物の場合には乙種
防火管理の管轄
防火管理については、開業場所の所轄の消防局で手続きを行います。
最初に所轄の消防局のHPで必要な書類や手続きを
ざっと確認しておくとよいでしょう。
防火管理者講習の受講
テナントに入る場合は、クリニックの面積が小さくても、
甲種に該当する場合はほとんどです。
甲種の研修を受けることを前提にスケジュールを立てます。
甲種防火管理者講習は、9時〜17時までの2日間講習です。
受講後、簡単な試験(国家資格)を受け、資格取得できます。
防火管理者講習は、(一般社団法人)日本防火・防災協会が実施しています。
講習は2日間拘束されるのと地域によって実施場所・日程が異なります。
場所により予約を取ることが難しい場合もありますので、
あらかじめ日程を確認し、早めに予約を入れておきます。
開業近くになってからは、2日間も空けられないこともあります。
クリニックの場所が決まっていなくても資格は取得できます。
開業を決めた段階で余裕を持って資格取得をしておきましょう。
防火管理って何?
消防法では、一定規模以上の建物を使用する場合、
管理責任者の中から防火管理者を選任して、
防火管理業務を行わせなければならないとされています。
火災の発生を防ぎ、万一、火災が発生した場合も被害を最小限に食い止めるため、
「どんな対策をしておけばいいか?」「万が一火災発生時にどんな行動をとればいいか」を
定めた消防計画を作っておきます。
日常の火気管理の徹底や消防用設備の点検管理や
火災に備えて避難訓練や消火訓練などを行います。