【#00066】【ポジショニングとブランディングの関係?】

ポジショニングのテーマが続いています。

 

今日は

ポジショニングとブランディングの関係について

お伝えします。

 

 

【ブランディングって何?】

 

ブランディングするにはどうしたらいいのと

よく質問を受けます。

 

企業ばかりでなく

個人のパーソナルブランディングも

人気ですね。

 

ブランディングは

Brand + Ing で

「ブランド」を作る・浸透させる取組です。

 

では、改めてブランドってなんでしょうか?

 

ブランドという言葉は、

昔、自分の牛をよその牛と区別するために

焼印を押したこと(Burned)が語源です。

 

自社の商品・サービスを

他社のものと区別してもらう。

それがブランドです。

 

 

 

お世話になった方への贈り物といえば

「虎屋のようかん」

一度は家族で泊まりたいホテルといえば

「星野リゾート」というように

頭にイメージが浮かびますね。

 

それが

ブランドであり

その名前でお客様が描くイメージが

お客様との約束です。

 

 

個人でも中小企業でも

ビジネスをやっている以上は

ブランドに関係のない人は一人もいません。

 

 

「革新的な企画だから、Aさんに頼みたい」

「納期が厳しくて難しい現場だから、B工務店でないと」

と言われることはないでしょうか?

 

 

しっかり

お客様への価値を正しく伝えることができれば

お客様が名指しであなたの商品・サービスを選びます。

 

 

では、そんなブランドを確立して

知ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

 

【マーケティングって?】

 

そこで必要なのが

マーケティングです。

 

ブランドを伝えるブランディングと

マーケティングはどう違うのでしょうか?

 

「マーケティング」は、

売り手が、

商品・サービスの魅力や価値を

お客様にしっかり伝えることで

お客様が「欲しい」と言って

いただけるようにする仕組み作りです。

 

 

例えば、広告、PRや店舗のイベント、

SNSの情報発信などです。

 

 

それに対して、

「ブランディング」は、

継続的なマーケティングの結果、

お客様が、

そのブランドの商品・サービスを

大好きになり

「これはいいよ、間違いない」と

周りの方に価値を

伝えてくれるようになることです。

 

 

【ポジショニングは?】

 

「ポジショニング」は、

マーケティング・ブランディングの基本です。

 

お客様から見た「私はだあれ」を示すこと。

 

どんなビジネスをしていて

お客様にどんな価値を提供できるのかと

言い換えることができます。

 

マーケティングをするにも

提供価値がわからないまま、

商品作成やSNS集客をしても効果はありません。

 

3つの関係を示すと下記のようになります。

 

ポジショニング<マーケティング<ブランディング

 

ブランディングをしっかり確立するには

あなたの強みを生かした

ポジショニングを明確にすることが

第一歩です。