面接でのミスマッチを防ぐ応募前の一手間

 ブランディングに効果ある採用の秘訣として

ネット求人広告の記載事項や

採用LPの活用について

書いてきました。

 今日は、面接でのミスマッチを防ぐ

応募前の一手間について

ご紹介します。

 

採用が難しいと言われる昨今

応募者が多いのは嬉しいことかもしれません。

 

でも

ちょっとイマイチという応募ばかり多いと

応募書類の対応だけでも大変です。

 

 

できれば

こちらの熱い気持ちが伝わり

ぜひここに入りたいという

気持ちがぐいぐい伝わる応募書類が

届くといいですね。

 

 

【情報の非対称性】

 

就職先を探している求職者と

いい人を探している企業

どちらもいい縁に結びつくことを

期待しています。

 

 

求職者と企業

どちらの情報発信力が大きいですか?

 

圧倒的に企業ですね。

 

企業側から求人情報を出さない限り

反応する求職者からの情報は

得られません。

 

 

 

求人誌や新聞折込チラシは

情報量も限られています。

 

 

スペースが小さい紙媒体でも

QRコードやHPへのリンクで

求職者向けの情報発信はできます。

 

 

いい人が採れない企業は概して

『求職者が本当に知りたい情報』を

発信していません。

 

 

だれもが大企業を

目指しているわけではありません。

 

 

大企業の小さい歯車になるより

中小企業の大きい歯車になりたいと

転職先を探している人もいます。

 

 

「求職者が本当に知りたい情報」は

なんでしょうか?

 

 

そこで自分がどんな活躍ができるのか

その企業で自分がどんな役割を担い

どんな毎日を過ごすことができるかです。

 

 

 

【ネットの簡単応募は本当に効果ある?】

 

最近のネット求人サイトは

簡単に応募できる仕組みがあります。

 

 

書く欄が多ければ多いほど

応募が少なくなる傾向があります。

 

 

応募者を増やすため

名前と生年月日だけで

応募できる求人サイトもあります。

 

 

これって本当に役に立ちますか?

 

 

単純作業で誰でもできる

人数だけ必要という仕事でもない限り

応募者の履歴も職務経歴もわからなければ

書類審査のしようがありません。

 

 

必要なのは

応募が多いことではなくて

共感してここで働きたい人からの

応募が多いことですね。

 

 

だから

募集要件に合わない人からは

応募されない方がいいのです。

 

 

自社の方針や考え方

来て欲しい人を明確に示すと

来て欲しくない人が応募する

確率はぐんと下がります。

 

 

そこで

来て欲しい人からの応募も

少ないなら

情報発信がまだまだ足りません。

 

 

もし

ピンとこない人ばかり

ということだったら

こちらからの「こんな人が欲しい」

「ここでこんな活躍をしてほしい」という

メッセージが足りないのでしょう。

 

 

【求職者から欲しい情報は?】

 

ネット求人広告は

ネット上で履歴書を作れます。

 

 

もし、求職者から応募前に

聞きたいことがあったら

ぜひ、求人広告に書いてください。

 

 

・この仕事についてどう思いますか?

・入社したらどんなことを目指しますか?

・応募しようと思った理由は?

 

 

職務経歴書も

『仕事の内容よりどんな経験をしたのか

取得したスキルについて書いてください』

 

 

こんなメッセージを出しても

表面的な情報だけの履歴書の人もいれば

 

具体的な言葉で、どんな経験をして

ここで働きたいと思ったのか

ここでこんな仕事、成長をしたいと

書く人もいます

 

どちらがいいですか?

 

 

こちらの気持ちが伝わると

ネット応募の履歴書だけでも

思いはしっかり伝わりますね。

 

 

最後の求職者への一言は

「応募前に当社のHPの経営方針

(あれば)求人ページまたは採用LPの

求める人材について

目を通してから応募してください」

 

 

ここまでやると

数は少なくても

熱い応募が集まります。

 

 

さらに書類選考を通過後

面接前にもう一度

 

「面接前に当社のHPの経営方針

(あれば)求人ページまたは採用LPの

求める人材について

目を通してください」

 

 

そうすると

面接時に会社の方針や

求める人材の条件について

承知していることを前提にい

 

疑問点を解決し

入社後のイメージを描く

未来に向けた貴重な時間を共有できます。

 

 

ここまで準備して面接しても

入社後100%正解ではないかもしれません。

 

でも、ミスマッチのリスクは

相当下げられると思いませんか?