開業医のwebマーケティング

患者とスタッフ引き寄せる開業医のためのマーケティングのススメ

社員のコミュニケーションスキルアップに「ふせんを使った自己紹介」 (土, 20 6月 2020)
ふせんを使った自己紹介              今日は、社員研修でよく課題とされる 効率良い会議・研修の進め方について 【ふせんを使った自己紹介】を ご紹介します。 最近と言っても コロナ対策前の話です。 中小企業や医療機関から 次世代のリーダーを育てたいということで リーダー研修やチームコーチングの ご相談をよく受けます。     会議や研修の課題        会議や研修のご相談で 経営者からよく言われるのは もっと意見を出して欲しい 自分たちでディスカッションして 決められた時間の中で決議まで できるようになってほしいということです。   こういう組織では だいたい同じような現象が起きているようです。   それは 経営者や上司の声が大きいこと そして意見を出してと言いながら スタッフが意見を言うと 「無理だよ」 「もっとよく考えて」 「予算考えた?」など ダメ出しをすることが多いことです。   そう、昨日のメルマガと同じ現象です。 スタッフから積極的に意見がでない 指示出し社員ばかりだとすれば そういう社員を育てているのは 経営者・上司なんですね。 そんな組織でも 声を出しやすい会議・研修方法があります。 それは、付箋を使った会議・研修。 その中から 今日は自己紹介についてご紹介します。   ふせんをつかった自己紹介     初めて企業に伺ったときによく使う 自己紹介の方法です。 社長・上司とスタッフ数人の チームコーチングをするときに ふせんを使って自己紹介してもらいます。 7.5cm角の真四角の付箋と サインペンを使います。 1枚は 会社について もう1枚は自分の仕事について 下記の内容を説明して 私の自己紹介をします。   その後、2分それぞれ書いてもらい ひとりずつ付箋に書いた内容を 読み上げてもらいます。   株式会社アイリスプランナーの紹介 例えば 対象の企業によって多少表現は変えていますが、 下記のように先に例を示します。   株式会社アイリスプランナーは ターゲット:  開業医の先生と働くスタッフのために どんな商品・サービス:  ビジョンを実現するブランディングを どのように:  会社の魅力を見つけ、 発信できるスタッフを育てることで実現しています。 私、奥野美代子は 会社のどの部署で:  その代表取締役であり どんな仕事を:  外資系ブランド27年のPR・マーケティングの経験を生かし ブランディングコーチとして どのように:   経営者へのエグゼクティブコーチングと スタッフのチームコーチングでビジョン実現をサポートします。   この付箋を使った自己紹介には いくつかメリットがあります。   何だと思いますか?   実は、 最初からわかっていたことではないのですが これをいくつかの会社でやってみて その効果に気がつきました。   効果その1           ひとつは 経営陣と社員・スタッフそれぞれに 自分のことばで 会社と自分の仕事について語ってもらえること   仕事はもちろんですが 会社についての紹介も 何人か参加していても ほとんど同じように話す人はいません。 良くも悪くも 書いたものを読み上げる形なので 社長が言った後 書き直すことはできません。 社長と同じですということも できません。 自分で書いたものを読み上げるので その時点で社員の会社に対する理解と 自分の仕事をどうとらえているのかが よくわかります。     よくある質問           よく聞かれる質問は、 これは会社で決まったものを 作っておいた方がいいのか ということです。 会社についての紹介は 立場によって異なってもいいと伝えています。 同じ部署だから同じ紹介で なければならないこともありません。   会社や部署で統一した方がいいと 思えばしてくださいというだけです。 時間がある時はできるだけ 自己紹介だけでなく この自己紹介をして いかがですかと質問します。 経営者の方、社員のかた それぞれにいろいろな気づきがあるようです。 それだけでも お役に立つのではないかと感じます。 経営者からは 社員の言葉をきいて いつも社員に言っているビジョンや経営理念を 自分の言葉で言えないのかと ちょっとがっかりされることも多いです。 正解を出すことが目的ではなく 自分の言葉で語る練習なのでと答えています。 社員の方には このフォームで自己紹介の練習をしておくと 名刺交換やご紹介を受けたときの あいさつに使えますとお伝えします。   効果その2             もう一つの効果は 短時間で自己紹介が終わること そしてそれぞれの仕事について 同じ表現で紹介してもらうので 一般的な自己紹介より   わかりやすいことがあります。   特に限られた時間で 会議・研修を始めるとき 一人1分と言いながら5分ほど話している 人はいませんか?   この付箋の自己紹介では 長くなりそうだったら 書かれたことだけ読み上げてくださいという お約束を繰り返すことで やんわりと話しすぎる人の言葉を 抑える効果もあります。   以上、付箋を使った自己紹介について ご紹介させていただきました。                     💕  追伸  💕                        まだまだ、SNS初心者です。 これから、LINE公式でより新しい旬な情報をお届けします。   投稿内容への質問💌やお問い合わせもお気軽に🖍   👇友達追加いただくと お金をかけずにすぐに取り組める 📘「ブランディングの第一歩 Web改善の5Steps」のe-Book📘 をプレゼント!👇   😄友達追加は、 LINE公式で @irispl    を🆔検索🔍 (@もお忘れなく💕)    
>> 続きを読む

スタッフの能力開発にいくらかけていますか?日米の格差「日経新聞より」 (Fri, 19 Jun 2020)
日本の企業は社員の能力開発にお金をかけていない     6月18日(火)朝刊のトップ掲載の 「日本の企業は社員の能力開発にお金をかけていない」という記事が気になりました。   「コロナと企業 変わる土俵」で連載の3回目です。   『もう時間に縛られない』   見出しは 『もう時間に縛られない』 要旨は次のような話です。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー コロナ対策として 企業でテレワークが進んでいる。   社員の仕事の評価をするために 労働時間で測るのではなく 仕事の達成度で評価する 「ジョブ型」へ移行する会社が増えている。     「ジョブ型」では 仕事のポストごとに 必要な能力やスキルを規定する必要がある。     日本企業は、 日常業務から学ばせるOJTを中心としてきたので 社内教育に十分お金をかけてこなかった。   能力開発費は 日本では、国内総生産GDPの0.1% 米企業は2%で日本の20倍 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   会社で考えると?        この記事で気になったのは 能力開発費って社員一人当たり いくらになるのか?ということ。   国と国で比較されても ではうちの会社はどうなの? とピンとこないですね。   それでざっと試算してみました。     業種によって粗利率は異なりますが 次のような会社を想定しました。   社員            10人 ①粗利           1億円 ②人件費(平均500万円  5,000万円 ③その他経費       4,000万円   (④うち減価償却費 100万円) ⑤営業利益 (①ー②③)  1,000万円       まず、GDPは企業でいうと何になるか   1)粗利とすると   ① 1億円 2)付加価値とすると   営業利益+人件費+減価償却費として    ⑤+②+④       6,100万円   能力開発費の試算は 1)と2)で結果が異なるので 範囲で示します。   1年間の能力開発費は 日本:0.1%   6万円〜10万円   米国:2%  122万円〜200万円   一人当たりで言うと 日本     6千円〜1万円 米国    12万円〜20万円       どう思いますか?     確かに年間一人1万円程度の経費では なかなか計画的にスキルアップするのは 難しいかもしれません。     そこで思い出したのが 数日前にご紹介した 戦略MG(マネジメントゲーム)研修。     戦略MG マネジメントゲーム         参加者ひとりひとりが 社長になり6人1組で 2日間で5期の経営を行います。     出資金300(万円)で 工場を建て 人を雇い 材料を買い 製品を作り 市場で販売し 最終的に 自己資本がいくらになるかを 競う経営シミュレーションゲームです。     ここに 「教育」 「広告」 「研究開発」という要素が含まれます。   いわゆる戦略経費ですが 5期のどの時点で どのくらい投資するかによって 販売価格や数量に差がでます。   どの戦略を取るかで、 売り上げ・利益が変わります。   戦略MGで社員教育        この戦略MGを社員教育に使っている 会社がたくさんあります。   戦略MG考案の西先生主催の 西研究所では 初回参加費4万円/1回 2回目以降は3万円です。   会社によって異なりますが 初回だけ全額会社負担・会社研修扱いが 多いようです。   次回以降は、全額会社負担・出勤扱いから 半額もしくは全額社員負担・有休使用など 様々です。     少なくともこの研修に 社員を送り出している企業の 能力開発費は上記の日本の計算値よりは 高いですね。     経営者の方針によりますので どれが正解ということはありません。     でも 一度、社員の能力開発を 投資という視点で 考えてはいかがでしょうか?                     💕  追伸  💕                      まだまだ、SNS初心者です。 これから、LINE公式でより新しい旬な情報をお届けします。   投稿内容への質問💌やお問い合わせもお気軽に🖍   👇友達追加いただくと お金をかけずにすぐに取り組める 📘「ブランディングの第一歩 Web改善の5Steps」のe-Book📘 をプレゼント!👇   😄友達追加は、 LINE公式で @irispl    を🆔検索🔍 (@もお忘れなく💕)  
>> 続きを読む

開業医とスタッフの皆さまに向けて、webマーケティングのブログを始めます。

 

昨年2018年6月に医療法が改正され、HPも広告扱いになりました。

 

クリニックのHPは広告だから、書いていいこと、悪いことがあるって聞いているかもしれません。

そもそもどんな決まりがあるのでしょうか?

 

このブログでは、主に保険診療をされている開業医とそのスタッフの方が、HPやwebを使って積極的に情報発信をしていくことができるように、患者さんや周りの方が知りたいコンテンツ中心にできるだけわかりやすい言葉で書いていきます。開業医のマーケティング面でアドバイスされる税理士さんやコンサルタントの皆さまもお読みください。

 

web制作の専門家や自由診療を主としている開業医の方向けの技術的なwebマーケティング情報ではありません。

【医療法】

HPが広告だから、書いていい、悪いと言われるようになった根拠は、2017年に決められ、2018年6月から施行された「第8時医療法改正」で広告規制の見直しがされ、医療機関のHPが広告扱いとなり、医療法による様々な広告規制がかかることがなったためです。

 

【改正医療法のポイント】

・禁止広告が示された 「虚偽」「誇大」広告はダメ!

・患者が知りたい情報は積極的に載せましょう

 

医療法が改正となり、一見、規制が厳しくなったように見えるのは、一部の自由診療の「美容外科」や「歯科」のHPに、患者に誤解を与える情報や品位を損ねる大げさな広告文章が乱立し、被害を受けた患者が増えたためです。

 

美容整形の「ビフォー アフター」の写真の中に、過度に修正された写真があったり、「全身施術受け放題 〇〇円」のページのずっと下の方に受け放題〇〇円を受けるための諸条件がごく小さい字で書かれていて、施術後の支払い時点で条件に合わず、過大な施術料を請求されたりという話を聞いたことがありますね。

 

ここで注意です。「当院は保険診療中心だから関係ない」と思ってはいけません。

一般的な表現だと思っていたことでも、NGとなる場合があるからです。

 

次回は、知っておかなきゃ困るNG表現について、解説します。