開業医のwebマーケティング

開業医とスタッフの皆さまに向けて、webマーケティングのブログを始めます。

 

昨年2018年6月に医療法が改正され、HPも広告扱いになりました。

 

クリニックのHPは広告だから、書いていいこと、悪いことがあるって聞いているかもしれません。

そもそもどんな決まりがあるのでしょうか?

 

このブログでは、主に保険診療をされている開業医とそのスタッフの方が、HPやwebを使って積極的に情報発信をしていくことができるように、患者さんや周りの方が知りたいコンテンツ中心にできるだけわかりやすい言葉で書いていきます。開業医のマーケティング面でアドバイスされる税理士さんやコンサルタントの皆さまもお読みください。

 

web制作の専門家や自由診療を主としている開業医の方向けの技術的なwebマーケティング情報ではありません。

【医療法】

HPが広告だから、書いていい、悪いと言われるようになった根拠は、2017年に決められ、2018年6月から施行された「第8時医療法改正」で広告規制の見直しがされ、医療機関のHPが広告扱いとなり、医療法による様々な広告規制がかかることがなったためです。

 

【改正医療法のポイント】

・禁止広告が示された 「虚偽」「誇大」広告はダメ!

・患者が知りたい情報は積極的に載せましょう

 

医療法が改正となり、一見、規制が厳しくなったように見えるのは、一部の自由診療の「美容外科」や「歯科」のHPに、患者に誤解を与える情報や品位を損ねる大げさな広告文章が乱立し、被害を受けた患者が増えたためです。

 

美容整形の「ビフォー アフター」の写真の中に、過度に修正された写真があったり、「全身施術受け放題 〇〇円」のページのずっと下の方に受け放題〇〇円を受けるための諸条件がごく小さい字で書かれていて、施術後の支払い時点で条件に合わず、過大な施術料を請求されたりという話を聞いたことがありますね。

 

ここで注意です。「当院は保険診療中心だから関係ない」と思ってはいけません。

一般的な表現だと思っていたことでも、NGとなる場合があるからです。

 

次回は、知っておかなきゃ困るNG表現について、解説します。