子供の夢を叶える教育費

基本的な養育費(育児、衣料、保健医療、お小遣い、その他)は、家計費の中で負担する方が多いでしょう。本格的な教育費は、中学校や高校など私立の進学を検討する時期からかかるとしても、幼稚園や保育園の負担も案外大きな金額になります。

 

お子様の小さいうちから、地域の幼稚園や保育園の費用と区・市町村の補助について調べておきましょう。

 

私立の小学校・中学校受験を検討される場合は、学習塾費用含めてどれくらいかかるのか試算しながら、計画的に備 えていきましょう。

 

進学する学校が国公立・私立、理系または文系によっても、かかる費用に大きな差があります。教育資金が不足する場合は、教育ローンの利用も検討する必要があります。また、子どもの自立を促す教育プランとして奨学金 の利用という考え方もあります。ご注意いただきたいのは、7-800万円を超える世帯年収の場合、収入上限の規定により、日本学生支援機構の奨学金や国の教育ローン(国民政策金融公庫)が使えないことがあるため、予め調べておくと良いでしょう。