教育費

教育費で大きな費用がかかるのは、高校・大学の学費です。

統計資料によると、私立大学に進学させると、4年間で4〜600万円かかりますが、子供を医学部に入れる場合は、6年間で2,000万円から4,000万円も必要なので、早くから準備が必要です。

 

大学の学費以外に負担が大きいのは、中、高校の学校外の塾などの教育費です。こちらも医学部向けの進学塾は、地域や塾により条件が大きく異なることから、具体的な進学塾の費用をあらかじめ調べておくことをお勧めします。

 

注意いただきたいのは、小学校・中学校から私立進学させる場合です。小学校から私立の場合、公立に比べ学校外の費用が大きくなっており、毎年150万円近い教育費がかかります。一般的には、子どもが小学校・中学校のうちがお金の貯め時と言われていますが、私立小学校進学の場合は、余裕を持った計画が必要です。

 

大学・専門学校の学費については、奨学金を利用し、子供が返済する場合もあります。その場合は、卒業後の返済負担が長く続くことと、世帯の収入制限により日本学生支援機構の奨学金や国の教育ローン(国民政策金融公庫)が使えないことがあることを頭に入れておきましょう。