ドクターのためのファイナンシャルプランニング

ライフプランは、夢を叶える人生設計図です。

先生の人生設計はどのように考えていますか?

 

このまま、勤務医を続けるか、いつかは開業を計画されているのか、同じ勤務医でも専門性を高めるための移動や留学、その後の医師としてのキャリアプランが具体化されているのか、それに加えて、結婚、子供、住居、教育、老後など、プライベートのライフプランはどのように思い浮かべていますか?

 

ライフプランはリスク管理

ドクターだけでなく、誰にとってもライフプランは大事です。人生100年時代と言われる現在、長期的な視野で人生設計を考えなければ、短期的な夢は叶えることができても、いつかこんなはずじゃなかったと後悔する時があるかもしれません。

 

ライフプランを立てることで、ご自分とご家族(将来のでも構いません)にとって、必要な時間とお金がイメージできます。

 

開業するとしたら、いつ頃までにどんな準備をすればいいのか、結婚して子供を持つとどんな費用が掛かるのか、いつまでどのように働いて、リタイア後はどんな生活をしたいのか、そんなことを時間軸で書き出すことがライフプランです。

 

大病院で勤務医をずっと続ける場合は、大きな心配はないかもしれません。収入も安定し、定年退職後もある程度の保障や年金も用意されている場合もあります。しかし、現役時代は高所得だったけれど、老後の計画ができていなかったり、短期の転職を繰り返し、気がついてみたら、住居も資産も持たないまま、定年を迎えてしまったりということもありうることです。

 

現在時点で考えられるライフプランを作ったら、必要なお金と夢を妨げるリスクについて考えてみましょう。