クリニック経営

 「ここで診て欲しい」「ここで働きたい」と選ばれるクリニックであるためのマーケティング(集患)、人(組織づくり)、お金(会計)をしっかりサポートし、先生が地域医療で果たしたい夢の実現をパートナーとして一緒に実現します。

 当社では、3つの観点からクリニック経営を支援します。

 

・ビジョン経営(医療経営マーケティング)

・戦略会計

・組織経営

 

具体的には、知的資産経営、WLB(ワークライフバランス)、MQ戦略会計でサポートします。


戦略・事業計画策定

クリニックのビジョンを見える化し、現状とのギャップをどのように埋めるか戦略を立案します。

 

クリニックは、どこでどの診療科で開業するかで、その後のクリニック経営は大きく左右されます。立地は簡単に変えることはできませんが、先生のビジョンとその地域の医療ニーズに合わせて、戦略を立て直し、新たな事業計画を策定することはできます。

 

その時に重要なのは、ターゲットの定め方と集患につながるマーケティング戦略です。



集患・集客支援

患者さんの来院行動を心理的に分析し、新規の来院者、リピーターを増やし増収につなげます。

 

まずはターゲットを絞ることと、ターゲットの医療ニーズに合わせた診療メニューや時間帯など、顧客目線でサービスを提供し、それらを効果的に伝える集患マーケティングを行うことです。

 

クリニックは患者を選べないと思っている院長は多いですが、地域ニーズに合わせて、自院の強みを生かして他院との差別化を図り、来院して欲しい患者さんに来院してもらう工夫はできます。自院の特徴を明確にすることにより、スタッフの意識も変わり、組織力を強化することもできます。


ワークライフバランス

組織活性化の基本は、ワークライフバランスです。

 

クリニックのビジョンを共有し、スタッフ全員が喜びを共有できるよう仕組みを整備します。そのためには、採用前からビジョンを伝え、ここで一緒に働きたいと思うスタッフを採用することが肝心です。

 

 もちろん、一方的に要求するばかりでなく、スタッフの働きやすい環境の整備やこのクリニックでスタッフの夢を叶えるようなサポートも必要です。

 

最近では、ワークライフバランスや働き方改革への取り組みも採用条件の一つとして重視されています。さらに最近では、一般企業でも健康経営に取り組む企業が増えています。医療機関として、健康経営に取り組み、地域の健康増進に貢献しましょう。


戦略会計

戦略MQ会計は、先生のビジョンを実現するための経営判断を行う会計です。

 

税金を払うための税務会計や管理会計とは異なります。戦略MQ会計は、スタッフにも簡単に理解できて、院長がすばやく経営の意思決定ができるようになります。

まずは、自院の利益構造がどうなっているか、簡単な図で表します。その上で、自院の経費がどのくらいかかっているのか、どんな患者が増えると、どう利益が増えるのか、現状を把握します。その上で、必要な利益を得るにはどうしたらいいか、考えてみましょう。